仙童工房

3Dモデリングしたものを3Dプリンタで出力して作品を作ったりなどしています。 rinkakというサイトで作品を販売しています。

関連Store

Amazonで買える3Dプリンタ関連ストアです。
消耗品や本体などの紹介を兼ねています。

WS000007

3.5インチベイアクセサリ用の外付けケースです。
ものすごく人を選ぶデータですが…もし「3.5インチベイに付けるアクセサリがあるけどもったいないから使いたい、けど今使ってるのはもう入れる場所がない。外に配線引っ張ってきてもいいけどむき出しじゃなんかダサいし…」と思っているのであればこのケースを使ってみてください。

見た目はある程度ごまかせるようになるかもしれません。

また小さな2つの部品は、本体のくぼみに接着して使います。
それぞれの切り欠きに吸盤の足をねじ込んで使います。
吸盤の足が大きい場合は切るなどして入れてください。
平面であればくっつくようになります。

もし筐体や付けたいところが磁性体の場合、切欠きの中に磁石を入れて固定すれば磁力でくっつけることも出来ます。
色々工夫してみてください。 

WS000004
ツールボックス

Replicator2/2X専用のツールボックスデータです。
四角い部品の溝をReplicatorの足に差し込んで使います。
リューターのビットなどが散らばる人へ。

3Dプリンタを使いはじめると色々道具が必要になってきます。
リューターはあると便利ですがビットの管理が意外と面倒です。
これはデジタルノギス、スクレーパー、ラジオペンチ、ニッパーなどを一箇所にまとめられるように作ったツールボックスです。

ただし自分用に作ったデータなので使い勝手がいいかどうかは分かりません。
詳しい使い方はリンク先の写真をどうぞ。

WS000005

カラーボックスや本棚等で使われる、棚板が落ちないように付ける”ダボ”と呼ばれる小さな部品です。
長さ約1cm、直径約5.8mmのデータです。

出力する際に失敗しないように下が平面になっていますが、実際に付ける際にはその部分が上を向くように設置するといいと思います。
小さなものですが紛失したりすると意外と厄介なものですので、自分のプリンタで出力できるようにしておくと良いでしょう。
色のついたフィラメントで出力してワンポイントにするのもいいですね。

このページのトップヘ