昨日の夜にお知らせしたようにMarkerwareがアップデートしました。
そこで新しくなった出力方法を試してみました。

使ったのはデフォルトで入ってるトラフィックコーン。

二色刷りを試した人なら多分わかると思うけど、切り替わりの時にどうしてもフィラメントがまじりこむ現象がありました。
これは、切り替わったあとに溶けたフィラメントが少し垂れていて、別な色で出力している時にその溶けたフィラメントがオブジェクトにぶつかることで起きてしまいます。
さらに、切り替わったあとに上手くフィラメントが吐き出されずに印刷失敗…という事故もかなり多かったです。
今回のアップデートではこれらが改善された、ということでした。
さて、その結果をどうぞ。

C360_2013-10-02-10-03-32-465

真ん中にあるオブジェクトを囲むように薄い壁が生成されています。
これが今回のアップデートによって作られるようになった「障壁」です。

C360_2013-10-02-10-05-54-414

ラフトを外した状態。
なにか気づきましたかね?

ラフトをよく見ると2色になってます。
この様に、ラフトとサポートがそれぞれの色に合わせて出力できるようになっています。
今回はサポート使わなくても出力できるものなのでラフトだけ。

C360_2013-10-02-10-06-55-609

障壁の効果がよく分かる画像。
白のほうが見やすいですが、コーンの形に沿って黒いフィラメントが付着しています。
この様に障壁はオブジェクトに行く前にノズルをクリーニングする機能と、出力する前にある程度フィラメントを押し出しておいてオブジェクト印刷の時にノズルが詰まっている…という事故を減らすという機能を持っています。

あと…心なしか切り替えの時にかかる時間が早くなってる気がします。
前は切り替わりの時には一旦エクストルーダーが止まって、ゆっくりと反対側のエクストルーダーに切り替わって印刷開始…といった具合でした。
現在はこの切り替わりのスピードが普通のエクストルーダーのトラベル速度になってます。
お陰で二色刷りでも大分スピードが改善されている気がします。 

WS000004

最後に新しくなったUI。
右と左でABSとPLAそれぞれを指定できるようですが、片方がPLAになるとプラットフォームの加熱を勝手に止めてしまうっぽいです。
その他、ラフトとサポートの細かい設定が追加されました。
これから二色刷りがやりやすくなりますね。